未払い残業を取り戻そう!

未払い残業請求

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



新紀尾井町法律事務所
0120-918-948

残業代を計算してみよう

労働時間の大原則
労働基準法はその第32条で

「使用者は労働者に休憩時間を除き1週間について40時間、1日について8時間を越えて労働させてはならない」(一部週44時間もあり)

と定めています。

労働時間とは、労働者が使用者の指揮監督の下にある時間で、拘束時間から休憩時間を除いたものをいい、いつでも就労できるように待機している「手待ち時間」や、仕事のためのミーティング、打ち合わせ、仕事の準備や後かたづけ、更衣時間なども当然労働時間に入ります。


計算前に以下を確認しておこう!

残業手当(割増賃金)の種類

1日の労働時間(所定労働時間)は会社によって様々ですから割増賃金がいつからつくのかをハッキリさせておきましょう。
以下の表は、各々の時間帯で異なる残業代請求の割増率を、法定労働時間と残業・時間外について表にまとめてみました。

09:00                 13:00                       18:00                      22:00

09:00~18:00

法定労働時間(8時間以内)

18:00~

時間外労働(8時間以上)

所定労働時間

09:00~13:00

法定残業

13:00~18:00

割増率0%

通常残業

18:00~22:00まで

割増率25%

深夜残業

22:00~05:00まで

割増率25%

総称して残業という

休日出勤

割増率35%

休日残業

割増率0%

休日深夜残業

割増率25%

残業代に関する用語・定義

法定労働時間とは

法律で定められている労働時間で、休憩時間を除き1週間について40時間、1日について8時間です。

所定労働時間とは

会社が定める1日の休憩時間を除く労働時間で、法定労働時間の範囲内です。

残業とは

会社が定めた所定労働時間を越えて働くことで、法定残業と時間外労働があります。

法定残業とは

法定労働時間内で行われる残業です。割増賃金は一般的にはつきません。

時間外労働とは

法定労働時間を越える残業で、時間帯によって定められている割増賃金が支払われます。

休日出勤とは

会社が法律上、確保しなければならない休日(法定休日)を日曜日と定めている場合、土曜祝日に労働しても、休日出勤には当たりませんので、休日出勤として35%の割増賃金が支払いされるわけではありません。休日出勤の割増がつくのは法定休日の労働だけです。

残業の割増率一覧表

労働種別 割増率(以上) 備考

時間外労働

(通常残業)

25% 1日8時間以上の労働時間
50%
1ヶ月間の残業時間が60時間を超えた場合 (中小企業は猶予措置あり)
深夜労働
25%
22時~翌日5時まで
時間外労働+深夜労働
50%
時間外(25%)+深夜(25%)
休日労働 35% 法定休日(主に日曜日、月4日)と定められた休日
休日労働+時間外労働 0% 時間外労働の割増はつかない
休日労働+深夜労働 60% 休日(35%)+深夜(25%)

管理監督者(管理職)、機密事務取扱者、監視者(ガードマンなど)、断続的労働者(運転手とか)、農業・蓄産水産業の労働者は時間外労働に対する割増賃貸は発生しません。ただし、深夜労働については適用されます。
また、但し管理監督者(管理職)については・・・・を参照してください。
さっそく残業代を計算してみましょう

未払い残業代シュミレーション

footer.gif